要キャプション。

1800ミリリットル、朝鮮学校公開授業

文/写真・鎌田浩宮

先日、コーシーなんぞを淹れながら、いつものように新聞を読んでおりますと「とあるところの朝鮮学校が、公開授業を開催しますよ」という記事が載ってありまして。
おお、珍しいな、それは行かなくっちゃ、となりまして。
行ってきたんです、朝鮮学校。

この度お邪魔させていただいたのは、日本のシステムで言う幼稚園と小学校が併設された、幼初級学校というものでした。最長で、2歳から12歳までを過ごす子もいるというわけです。

町ん中を歩いて行くと、校庭が見えてきました。
僕の通っていた都内の小学校の、半分前後の広さでしょうか。
運動会のリレー競争などには、狭そうに感じました。

校舎に入らせていただくと、100人以上の参加者でにぎわっています。準備会の方々や先生方が、丁重にごあいさつしてくださいました。

後でご説明してくださったのですが、図工室と音楽室は兼用、図書室はなく、廊下に₍ハングル順ではなく₎アイウエオ順で本が置かれていました。学習まんが「日本の歴史」も全集そろっています。

体育館はなかったかな…、校舎内1階中央に、バスケットボールができるほどのスペースがありました。プールもなかったのではないかと思います。

朝鮮語の授業があり、日本の学校と同じ分量で日本語の授業もあります。なので、トータルの授業時間は多くなります。そして、この学校の全生徒は漢検を受けます。また、かつては東京都立の朝鮮学校があったことも、ここに来たおかげで知ることができました。

参加者は5人ほどのグループに分かれ、準備会の方々らがガイドとなり、2歳児クラスから6年生の教室までを、すべて順に案内・説明してくださいました。

最初は、2歳児クラスです。
暖かな陽の射す教室で、絵本「さつまのおいも」の読み聞かせをしていました。

今から20年も前ですが、僕は世田谷区の保育園でアルバイトをしていました。あの頃の子供たちを、瞬時に思い出しました。
当時すでに紙おむつが主流でしたが、世田谷区では当時布おむつを使っていました。うんちをしたら、僕ら補助係が、それをきれいにします。楽しかったですよ、偽善で言ってるんじゃありません。

お父さんにはなつかないのに、僕にはなついてくれた子がいました。

またある子は、帰り道が一緒になり、「先生うちに上がって一緒に遊んでちょうだい!」と言ってくれ、お母さんまでぜひと言ってくださった、でも申し訳ないのでその日はバイバイなんてことも。

周りに手を挙げてしまう子がいました。長い時間ハグをしたら、その後だんだん手を挙げなくなっていきました。その子がある日、保育園の門前を走る自転車にぶつかり、すぐに駆けつけたこと、お母さんが泣いて喜んでくださったこともありました。

₍このくだり、僕の単なる自慢と読めちゃうな。ごめんなさい。そうじゃないんですよ。おそらくこのよーな職業は、こーした充足感が多々あるものだとゆーことです₎

あの時の子供たちも、もう大人になってるんだな、目の前のこの子たちもやがて大人になるんだ、そんなことが浮かんできます。僕は、涙が止まらなくなってしまいました。もう、おっさんの涙は、350ミリリットルほどもあったでしょうか。

僕の中の父性や母性が、顔を出したのかも知れません。子供の笑顔や歌声は、無条件に涙腺をゆるませることがあります。加えて、保育園で働いていたころの思い出。この子たちだけではなく、いらっしゃる先生にも、思い出が生まれていくわけです。さらに加えて、この子たちには、何の罪もありません。どこの国に生まれて来たのか、国籍はどこなのか、そんなことは知る由もありません。

暖かな日差し。肌の色も顔つきも、まったく、まったくまったくまったく、僕や僕の子供たちと変わりないんです。でも、この子たちのほとんどが、そんなに遠くないうちに、いじめや差別、ヘイトスピーチや暴力を受けることとなる。僕の涙には、そんな意味合いもありました。

この子たちが、ひどい目に遭っていいわけがない。あっていいわけがない。いいわけがない。笑顔はこのまま維持されるべきだ。笑顔バンザイ。笑顔賛成。笑顔継続。

朝鮮や韓国、中国や東南アジア諸国を蔑視する人が減らないと仮に想定しても、この子たちを守る人を増やすことは可能なんじゃねえか。僕のようなおっさんを増やすことは、できるんじゃねえか。

僕がティーンエイジャーを過ごした80年代っつーのは、YMOがワールドツアーを成功させ、坂本龍一さんがアメリカ・アカデミー賞最優秀作曲賞を受賞した時代。僕らは何人でもない、日本人でもない、コスモポリタン₍世界市民₎である。それが暗黙の合言葉でした。世界中の人と音楽や映画を作り、世界中の人と恋に堕ち、世界中を闊歩する。僕らにとって差別はダサいものであり、クレバーではないものでした。

公開授業の後、子供たちによる合唱・舞踊・太鼓の演奏などが披露されました。小さな学芸会のようです。ハモりもばっちり!この日のために、一生懸命練習してくれたのでしょう。ひょっとしたら妨害する悪いオトナが乱入するかも知れない、そうなっても歌い続けた方がいのかな、逃げた方がいいのかな、本来ならば考えなくてもいいことが、たくさん頭をよぎったことでしょう。

戦後まもなく開校したこの学校ですが、公開授業は初めてなんですって。準備会を開き、親御さんたちを説得し、安全を確保する。そこまでリスクをしょってでも、僕ら日本人に、朝鮮学校がどんなところなのか、どのような授業をしているのか、伝えようと奮闘されたのだと思います。

学校によって変わりますが、この学校では、2~3日前に連絡をすれば、いつでも授業見学などがオッケーだそうですよ。

今の僕らの国や都道府県・市区町村が、どれだけ朝鮮学校に補助金を出しているのか?難しいことって、調べないと分からないです。でも、校庭がどのくらいの広さなの?体育館やプールや図書室がないんだって?ということは、コミュニケーションを交わせば分かることなんですね。

じゃあ、日本の学校に通えばいいじゃない?という意見もあるでしょう。
ただねえ…僕が父ちゃんだったらねえ…今のいじめは深刻だからねえ…。
日本人同士のいじめでさえ、学校や教育委員会が何もしてくれないこと、多いでしょ?自殺にまで追い込まれるでしょ?
ましてや、日本人じゃないということでいじめを受けたら。

加えて、自分の両親や祖父母が使っていた朝鮮語を勉強してほしいなあ、昔の朝鮮の文化を学んでほしいなあとかって、ごく当然の考え方です。海外にいる日本人が、日本人学校に通うか、インターナショナルスクールに通うか、その国の地元の学校に通うか。選ぶ権利は、その人にあるんです。

国や自治体に補助金を要求することも大事なんだけれども、子供たちはどんどん大きくなっていきますよね。時間がないんだなあ。であれば僕らが、ちょびっとだけでいいから、できることをすればいいんじゃねえか。

いや、授業見学へ行くだけで、まったくもって素晴らしいです。ぜひ、行ってみてください。熊本へ行ってらーめん楽しむみたいに、気仙沼へ行ってお寿司を頬張るみたいに、異文化と接するって楽しいことなんです、本来。学術的なデータとして、海外に行ったことのない人ほど、差別的な考えを持つという発表もありますしね。

涙、1800ミリリットルです。かなりの、量です。鏡月の一升分。お伺いできて、本当によかったです。


2019.11.18

杉本さん家へ水を送りました

写真/文・鎌田浩宮

2019年、台風19号が訪れる前の7月22日に相馬を訪れた時の写真です

 

 

2019年、
台風19号で

相馬市が断水。

 

この記事では、どの被災地にも活用できるものではないのですが、ケースバイケースながら、被災地支援をできるかも?なお話です。

2019年10月12日土曜、台風19号が主に東日本を直撃し、全国各地が被災しました。
映画「鎌田浩宮 福島・相馬に行く」撮影でお世話になった福島県相馬市も、被害を受けました。
市の真ん中を通る宇多川が氾濫し、広い範囲で住宅や商店などに浸水。
真野ダムからの給水管が破損し、相馬市と隣接する南相馬市鹿島区、新地町の全域で断水となりました。

福島県では、阿武隈川が氾濫。
本宮市や郡山市の被害が当初大きく取り上げられていましたが、相馬及びほかの各地も大変だったんです。
東日本大震災と原発事故で、今なお大変なのに。

 

 

 

どうやって
水を運ぶか

 

はじめは、車に水を積んで相馬へ行き、ボランティアもできないかな?と考えていました。
しかし、車を運転してくれる人が見つからず、このアイデアはボツ。
(僕は免許もなく車も持っておらず)

では取り敢えず電車で相馬へ…とも思ったんですが、福島駅から相馬へ向かうバスが、倒木で道路が不通になった時期がありまして。また、台風一過の後も雨の日が多く、行っても雨じゃボランティアできないなあと、地団駄を踏んでおりました。

相馬市の水道を管理している「相馬地方広域水道事業団」に問い合わせると、杉ちゃんの家がある程田₍ほどた₎の方の通水はしばらくかかりそうとのことでした。問い合わせが殺到し職員の皆さんもお疲れのことと思い、「心よりお見舞い申し上げます。お忙しいところ申し訳ありませんでした。」とお伝えしました。

 

 

 

給水車は出ているけれど
平日働く人やお年寄りには
厳しい点もあるのかな…

 

映画の撮影でお世話になった杉本さんの家は、若干高台にある程田にあるので、浸水は免れたんですが、断水となりました。車で20分ほど北上すると、新地町に湧き水があり、20リットル入りポリタンクを持って、汲みに行っているが、同じような人で混み合っているとの事。

ただ、杉ちゃんのお父さんは70代後半、遠いし重いし疲れるよなあ。杉ちゃん自身は平日仕事で汲みに行けないし。給水車は市内で発動しているんだけど、混み合っていて1時間以上並ぶんですって。

でもって、水20リットルというと、飲み水・調理用に使って、余った分をトイレや歯磨きなどに使う分で終わってしまうんです。お風呂には入れません。調べると、一般的な家庭の浴槽に使う水量は、200リットル前後のようです。

市内及び周辺市町で、地下水₍井戸水₎をくみ上げるタイプの公衆浴場やホテル・ビジネスホテルなどが開業し提供しているのですが、杉ちゃんが行った浴場はかなり混み合っていたそうです。少しして自衛隊が浴場を設置、加えて自衛隊の船も到着し浴場提供と給水を始めました。

次第に秋深くなり、日々の気温が下がっていきました。晴れ間はなく雨の日が多く、復興は遅れる。東京にいても気が滅入ってきました。
これは僕の勝手な印象なのですが、銭湯に慣れている東京の僕に比べ、相馬の方々、特にご高齢の方は温泉ならまだしも、混みあった公衆浴場に慣れていらっしゃらない、車でわざわざ行くのなら風呂は我慢してしまおう…といった具合なのかも知れません。

 

 

 

あちこちの通販サイトを
調べてみる

 

そんな時友人が、「取り敢えず水だけ宅配便で送ってみたら?」とアドバイスしてくれたんです。えっ?近所の西友で購入し、それをヤマト運輸やら佐川急便やら郵便局へ持って行くの?それだけでも車が必要になるべなあ…。

しかし頭の悪い僕でも、そんなに待たずアイデアが浮かんできました。アマゾンや楽天などで売っている水を、相馬へ送れないかなあ?

しかし、ほとんどの通販サイトが、2リットル6本入りであれば、発送は2箱まで!だったのです。ほかにも、送料が高すぎる、到着までにかなり時間がかかるといったものばかり。₍この記事の巻末に、その辺りのリンクを貼り付けてあります)

でもあきらめず色々な通販サイトを探してみると、ASKULが運営している「LOHACO」というサイトに行きつきました。ASKULと言えば、小さな企業へもすぐに文房具などを配達する会社だったっけ。

お風呂などの生活用水にも使えて、飲み水としてもオッケーで、安い商品、ないかなあ。お、これはかなり安い。スーパー並み。

LOHACO Water 2.0L 1箱(5本入)
¥398 (税込)

1本あたり ¥79.6 (税込)

早速、以下3つの条件に照らし合わせてみます。

●大量発送できる

●早く着く

●送料が安い

サイトの買い物カゴに入れてみると、大丈夫だ!沢山の箱数でも注文できます。

しかし送料は無料ではなく、実際には「飲料配送手数料」がかかる仕組みになっていました。な~んだ。でも、18㎏までは無料、そこからは10㎏ごとに税込で330円です。他社サイトより安いかな。

 

2019年7月22日に相馬を訪れた時の写真です。

 

 

注文した翌々日に
180リットルの水、到着

 

到着予定日は、注文日10月15日火曜日から翌々日の日付、10月17日木曜日と表示されていました。早い!…しかし台風で不通になっている道路もあるし、本当に大丈夫なのかしら?確認すべく、LOHACOお客様サービスデスクの無料電話で問い合わせました。

係員の方は慎重に調べて下さり、長野県・宮城県であれば配達困難な地域があるものの、相馬市については通常通り配達しているとおっしゃっていただけました。ちなみにこのエリアは、ヤマト運輸か日本郵便で発送するとの事。

よし、ここに決めた。
2リットル入り5本1箱を18箱、手続きを完了しました。合計180リットルです。₍もちろん、僕はLOHACOの回し者ではありませんし、どこかからお金をもらってこの記事を書いているわけでもありません₎

無事、予定通り10月17日木曜夜6時21分に、受け取り完了。

杉本家のある程田では、台風19号が通過した10月12日から9日後、10月20日日曜に通水したそうです。この時点では生活用水のみの利用でしたが、翌日21日には飲み水として使えるようになりました。

その後10月25日金曜に、台風21号の影響で再び東日本各地が大雨になり、相馬市でも遂にお亡くなりになった方がいらっしゃいました。大雨の中息子さんを迎えに車で出た60代の女性が、車ごと流されてしまったのです。息子さんも行方不明のままです。再び相馬駅周辺が冠水し、商店の商品がまたしても泥水を浴び、売り物にならなくなったところもありました。

 

 

 

もっといい方法、
ぜしぜし募集します

 

僕の行動は、全く褒められるもんじゃないと思っています。怠け者ですし、楽してばかりです。
できれば現地に行ってボランティアを行うか、観光で飲食宿泊することで現地にお金を落とすことで復興支援なんです。
また、相馬市でも当初は支援物資の提供を募っていました。₍現在では寄付金・義援金のみを受け付けています。皆さんもよろしくお願いします!)

今回は、とにかく初動で何ができるか。お世話になった杉ちゃん一家に何ができるか、というところで動いたんではあるが、もっといい方法があるよ!ということであれば、ぜひこちらの「contact」まで投書して下さい。皆で情報を共有して、足を引っ張りあわず、庶民同士・お隣さん同士が助け合う世の中にしていきましょうぞ。


2019.10.30

続々々々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・Mさん/hirokophoneさん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

城南学習指導協会及び
北部進学セミナーの
国語塾講師
船橋(ふなはし)俊一
を探す。
連載、
12回目。

以下、
その道程。

無縁坂の尋ね人

続・無縁坂の尋ね人

続々・無縁坂の尋ね人

続々々・無縁坂の尋ね人

続々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

もはや、船橋先生を知らない人までもがこの連載を読み、未だ会ったことのないこの先生へ、既に出逢ったかのような既視感を覚える。
思い出そうとして、忘れられない。
忘れようとして、思い出せない。
そして、遂にフナセンの声が発掘され、エプスタインズ誌上にて公開。

今回は、音源を聴いた先生の教え子からの、反響をお伝えする。
まずはMさんから、その次はhirokophoneさんからだ。

 

 

ありがとうございました。
聴くことができました。
お元気な先生でした。

鎌田さんと同じ感覚もあります。

『この声は、まがうことなく先生のものだ。ただし、僕が先生に出会った頃は、この声が録音される前だ。当時の先生は陰鬱で、覇気がなかった。その漆黒に僕は魅かれていったのだが、この録音の中の先生は生き生きと子供達に接していて、学校の先生よりも先生らしい。』

私が初めて先生にお会いしたのは25歳の時だったと記憶しています。

先生はまだ自分探しをなさっていたのでしょう。

当時私は教会にいっていましたし、先生も神様については色々とご自分に引き付けて考えられていたように思います。
聖書の御言葉を引用したお手紙もありました。
神様の話や仏様の話もしてもらいました。

時折それにさえも疲れたように、厭世的な言葉をポツンと独り言のように授業の中でも言ってと記憶しています。

『人は全き孤独の中に在る』のだから、十字架を背負って自分自身が自分自身を生きていくしかない、って。
想像するに、やはり光と闇が交錯する何かがあったのかもしれませんね。

でも、今回の先生の声はとても明るく、何よりも子供たちの声が先生の存在の深さ大きさを教えてくれますね。

来月は、先生のお誕生日がきますね。

またご連絡いたします。
本当にありがとうございました。

Mより

 

すごいですね!音声!さっそく聞かせていただきました。
先生だ(泣!)それもものすごく生き生きとしている!リピートして聞いてしまいました。
音声を提供してくださった中山さん、そしてこうして聞けるようにしてくださった鎌田さん、本当にありがとうございます。

鎌田さんがおっしゃっているのと私も同じで、これは紛れもなく船橋先生なのですけれど、私の記憶もやはりもう少しダークサイド寄りですね(笑)

私自身は北進には通ってないのでおそらくお会いしたことはないと思うのですが、こうして中山さんのお父様ともお近づきになっていたり、ご近所の方と仲良しだったりと、ダークサイドのイメージな船橋先生は思いのほか社交的な面もあったのだなとあらためて思いました。

つい数日前、私も北進の前を意味もなく通ったんです。
あの公園の前を、こうして船橋先生を思ってふと立ち止まる人が時々いるなんて、密かなるスポットですね!

hirokophoneより


2018.01.24